連結器に求められるもの

| 未分類 |

引張力の伝達・連結の確実さ車両間の引張力を伝達することが基本的な機能である。機関車が客車をけん引する列車であれば、機関車と次の客車の間に最大の引張力がかかる。上り勾配、加速中にはさらに大きな力がかかり、これに耐えられる強度が要求される。また大事故につながる危険があるため、連結が切れ車両が分離する事故(列車分離と称する)を絶対に起こしてはならない。

従って、充分な強度を持つだけでなく、一部の部品が壊れても連結が切れない機能を持つ連結器が望ましい。容易な連結・解放車両の連結・解放が、容易かつ確実に連結できなくてはならない。

人命を預かる車両としては、当然の事なのだ。

ファンカデリック

| 未分類 |

ジョージクリントンといえば、Pファンクの総帥だ。ファンカデリック派かパーラメント派かによって、好きな音楽性も分かり易い。ファンクのハードロック寄りなサウンドが好みなら、ファンカデリックだろう。エディーヘイゼルのギター等、ジミヘン等が好きならもろにハマる筈だ。

17歳だったエディは最初母に反対されたものの、ジョージとビリーの説得により、1967年ジョージと活動を始めることとなった。エディがギタリストとして加入したため、ビリーはベーシストに転向した。エディはツアー先で知り合ったティキ・フルウッドをグループのドラマーに誘い、またリズムギターにタウル・ロスが、キーボードにバーニー・ウォーレルがメンバーに加わった。そういう経緯があったのだ。

イェフィム・ゴリシェフ

| 未分類 |

ゴリシェフは、唯一現存する作品である《弦楽三重奏曲》によって、作曲家として名を遺している。

たった一曲だけで伝説になるとは、凄い事だ。

この作品は「12音の音楽(ドイツ語: Zwölftondauer-musik)」との副題付きで1925年にベルリンで出版されたが、作曲されたのはおそらく1914年まで遡る。12の異なる音の集合体を活用しており、第1小節では後に十二音技法やセリー技法として知られることになったゴリシェフ独特の十二音技法を駆使した最初期の作品となっている。また、戦後のメシアンの作風を予告する部分もみられる。

調剤薬局併設型のコンビニ

| 未分類 |

クオールとローソンは2008年から業務提携を結んでいて、今は資本関係もあります。
クオールが運営する調剤薬局(クオール薬局)をローソンと併設し、「調剤薬局併設型コンビニ」として15店舗、また病院内におけるコンビニを6店舗(合計21店舗)現在展開しており、店内ではテレビ電話を活用した薬剤師のカウンセリングサービスなどが行われている。

こうした、調剤薬局併設型のコンビニはどんどん増えています。

そうした事で、転職する機会も増えているのだと思いますが、エムスリーキャリア 口コミ等を一度見てみては如何でしょうか。

リコール

| 未分類 |

ホンダは、リコールで2月に出荷を停止したハイブリッド車2車種について、新車登録が4月以降にずれ込んで購入者の消費税負担が8%になった場合、3%分を肩代わりする方針を決めたそうです。迷惑料として、販売店を通じて購入者に支払われます。

これは購入者にはありがたいですよね。増税に合わせて車を買い替えたのに修理で納車が4月…!結局払わなければならない…て落胆した人もいるはず。

ホンダさんも太っ腹ですね…あとお優しい…。

 

対象は、小型車「フィット」とスポーツ用多目的車「ヴェゼル」のハイブリッド車で、2月10日から26日まで出荷を停止しました。

購入者に車両を3月中に引き渡す予定だったのが、4月以降になることが予想されるそうです。

 

自動車を買う時の消費税は、引き渡しを受けて新車登録が済んだ時点で負担することになっていますからね。今勝手も納車・新車登録できるのが4月以降だと増税分の消費税になってしまうわけです。

増税まであと1か月、まだ自分の車を買い替えようか悩んでいる人いるんじゃないでしょうか?でしたら買取 相場で調べてみてください。

 

人間関係で悩む看護師

| 未分類 |

看護師の人間関係で難しいのは、なかなか仕事を教えてもらえないケースがある、という事です。

こういった問題の自衛法としては、自分1人でも業務をこなせるようにしておくことが挙げられます。上司や先輩に質問したり協力を仰いだりする場合、頼み事をしている手前、何を言われても我慢するしかありません。ならば、何も頼まなくて済むように自律的に仕事をしておけば良いわけです。業務をパーフェクトにこなしていれば、意地悪な先輩であっても絡みどころが見つからないので、矛先は自分に向きづらくなるでしょう。

人間関係・いじめ・ストレス 【看護師を辞めたい】と思ったらこちら

 

ココナッツウォーター

| 未分類 |

あまり聞いたことがない人、いらっしゃるんじゃないでしょうか?ココナッツウォーター。

なんだか今、セレブの間で人気らしく、そこからじわじわ日本の女性達の間で広まっているみたいですよ。

 

そもそも、ココナッツウォーターってなんぞや?という方。ココナッツウォーターの元になるココナッツは、ヤシ科ココヤシの果実のこと。まぁこれは知っている人も多いですよね。

その果実の中には大きな種子があり、その中には「胚乳」と呼ばれる栄養価の高い成分があります。胚乳は、果実の状態や精製方法によって「コプラ」「オイル」「ミルク」「ウォーター」にと4つに分かれます。

「コプラ」や「オイル」はスイーツや食用油に。「オイル」は保湿美容液にも使われている場合もあります。

「ミルク」は、「タピオカミルク」やタイ風カレーの材料として有名ですよね。

そして残った「ウォーター」こそが「ココナッツウォーター」のこと。ハワイなどでココナッツの実に直接ストローが刺さってるのありますよね?あれで飲んでいるのがココナッツウォーターなんです。ミルクだと思ってましたよ…。

 

ココナッツウォーターは、美容や健康に欠かせない栄養素をたっぷり含むのに、脂質はゼロ。しかもスポーツドリンクと比べて低カロリーですから、健康的な美しさを求める海外セレブに愛飲されている、とのこと。

ココナッツには、貧血予防となる「鉄・銅」、骨や歯を強くする「マグネシウム」、疲労回復につながる「マンガン」などのミネラル類が豊富。中でも、高血圧やむくみを予防・改善する「カリウム」がたっぷり。スポーツドリンクの10倍含む場合も。

更に、消化や代謝に関わる酵素もたっぷりはいっているそうなので、酵素ダイエットとしても活躍しています。お風呂に入りながら飲んだらデトックス効果で汗とかバンバンかくんでしょうね。さっぱりしそうです。

酵素の働きはまだまだあり、腸内環境もよくなるので便秘の解消にも良いそうですよ!

 

つまりココナッツウォーターは自然の酵素ドリンクというわけですね。今酵素は話題になっていますし、これからどんどん人気が出そうですよね…!

もしも酵素ダイエットに興味があるという方、下のサイトで調べてみてはいかがでしょうか?

>>酵素ダイエットは効果があるのか?

睡眠不足のリスク

| 未分類 |

睡眠不足は昼間の眠気や全身倦怠感、頭重感、不安、イライラ感など身体的・精神的症状を呈するだけではなく、血圧や血糖や血清トリグリセライド値を上昇させ、高血圧、糖尿病、高脂血症などの生活習慣病や心筋梗塞や脳血管障害のリスクを高めることが明らかにされています。

また免疫力を低下させ、インフルエンザなどの感染症や癌の誘因や増悪因子になることも示されています。

不眠症・睡眠薬 朝までぐっすり眠りたいでは、睡眠薬以外の睡眠対策について書かれていると思いました。

想像以上に大きい睡眠不足のダメージ。何とかして改善したいものですね。

新人

| 未分類 |

人の命を救うために働き、「白衣の天使」という名前でも呼ばれたりする看護師さん。その看護師の世界でも裏では深刻ないじめが蔓延している職場が少なくないそうです。しかもそれは、職についたばかりの新人看護師さんなどがターゲットにされ、すぐに離職してしまうケースなども沢山あります。

 

看護師の務める職場でのいじめで多いものは

仕事を教えない・みんなで無視する・きついシフトをわざと割り振る・陰口がひどい

といったものが挙げられるそうです。新人なんだから仕事を教えてもらわないと仕事が覚えられませんよね?教えてもらおうと話しかけると無視、分からないことが分からずじまいで仕事が覚えられない、あいつは仕事ができないと陰口…。

理不尽ですよね。でも、こういったいじめが看護師の職場では多いそうです。こんなことに耐えながら患者さんを診て回るなんて、とてもじゃないですけど辛いですよね…。

 

転職をしていじめから解放されようと考える人も多いそうです。ですが、なんで被害者の自分が職場を変えなければならないんだ、と「逃げ」だと考えて嫌がる人もいるそうです。でも、自分の身を守る為でもありますし、それも一つの手ですよね。逃げなんかじゃないと思います。

もしも転職を考えている方、いらっしゃるようでしたら看護師転職サイトで検索して探してみてはいかがでしょうか。

気負わずに

| 未分類 |

看護師や患者が登山をする、という「一歩一歩の会」という会があるそうです。

その参加者に、杉山さんという看護師がいます。

杉山さんは2008年、同僚の看護師に誘われ一歩一歩の会の交流サロンに参加したそうです。患者同士が自分の病について語り合い、絆を深める光景を見るたび、「経験者でないとわからない痛みがある。私にできることは、話を聞くことだ」と痛感したと語っています。

そしてその会の活動の富士登山の際には「看護師さんがいてくれるだけで心強い」と患者の1人にそう言われ「いるだけで役に立てる」と気づいたといいます。

 

看護師として、多くのがん患者と接したそうですが、勤務先の病院に幼稚園児を持つ30歳代の女性がやってきたことがあるそうです。

女性はがんと診断され、そのまま入院したのですが翌日の夜中に亡くなってしまいました。「子どもが小さいから、痛みをずっと我慢していたのでは」と残念に思っているそうです。

だからこそ、早期発見ができればという思いは強いのだと思います。きちんと治療を受ければ、自分がやりたいこともできる。登山だってできる。一緒に登ると、患者さんの方が私より元気だなって思うこともあるんですよ、と語り、「多くの人にしっかり検診を受けてほしい」と力を込めているそうです。

 

良い会だと思います。自分も看護師と患者、その家族の方々でハイキングに行ったりという活動がある。ということを耳にしたことがあります。

患者さんからすればとても良いことだと思いますよ。それに看護師の方がいるから安心感があって心から楽しめるんだと思います。

とても良い活動じゃないでしょうか。

このような活動に興味のある看護師の方がいるようでしたら、調べてみるといいかもしれません。

ナース人材バンク 口コミで検索してみてはいかがでしょうか。